さかい歯科クリニックロゴ

さかい歯科クリニック : 岡山市東区上道駅前の歯医者。一般歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科、矯正歯科

さかい歯科クリニックアドレス

さかい歯科クリニック予防歯科

歯周病の怖さ

食べ物のカスなどから発生するプラーク(歯垢)。その中に含まれる「歯周病菌」によって引き起こされる病気が「歯周病」です。
症状としては、まず歯茎が腫れてブラッシングの際などに血が出るようになり、進行すると膿が出るようになります。さらに進行すると歯槽骨(顎の骨)が溶かされて、結果として歯が抜けてしまうのです。

歯周病は初期の自覚症状がほとんどないことでも知られており、歯の痛みや違和感に気付いたときには重症になっていることも珍しくはありません。
口腔内には非常に多くの細菌が生息しており、その中には体の中に入り込むことで重篤な病気を引き起こすものも存在しています。その中の1つが歯周病菌で、何らかの原因により体内に入り込むことで、心臓病や肺炎、糖尿病、早産といった症状が引き起こされると言われています。

症状が出てきたときには手遅れ

歯周病は糖尿病と同じく慢性疾患で、一度進行すると完全に元に戻すことが出来ません。自覚症状が少なく、長い年月をかけて進行します。腫れや痛みを感じてもしばらくすると一旦なくなり、治ったと思う事もよくあります。
また、歯科医師に治療してもらっていても、痛みや腫れがなくなると治療を中断してしまうケースもあります。その為、気づくと手遅れになっていて、抜歯を余儀なくされる場合が少なくありません。


歯周病の進行と症状



感染症

歯周病は感染症つまり人から人へうつる病気です。いくらメンテナンスや歯磨きを頑張っても家族からうつされることもあります。ですから、家族全員で気をつけなければいけません。
家族の中に症状の重い方がいる場合は、歯磨き粉・お箸・スプーンなどを共用しないように心掛けましょう。

他の病気との関連性

心臓病 歯周病菌によって炎症が起こり、血栓ができることで心筋梗塞や狭心症が引き起こされます。また、心臓に菌が入り込むことで心内膜が炎症を起こし、細菌性心内膜炎を発症させることもあります。
肺炎 歯周病菌が肺に入り込んで感染すると肺炎を引き起こすことがあります。
糖尿病 糖尿病の方が歯周病にかかると、糖尿病の症状が悪化する危険があります。また、歯周病が糖尿病を引き起こすこともあります。
早産 歯周病菌が引き起こした炎症が子宮に影響し、早産を引き起こすことがあります。歯周病を患っていると、早産や未熟児の出産確率が約7倍になってしまいます。


歯周病とは 歯周病の治療


〒709-0626 岡山県岡山市東区中尾101-1 TEL 086-278-7800
診療時間 AM9:00~PM1:00 PM3:00~PM7:00 休診日 木・日・祝日