さかい歯科クリニックロゴ

さかい歯科クリニック : 岡山市東区上道駅前の歯医者。一般歯科、小児歯科、口腔外科、予防歯科、矯正歯科

さかい歯科クリニックアドレス

さかい歯科クリニック予防歯科

歯周病とは


歯周病は、歯肉炎、歯周炎など歯のまわりの病気の総称です。歯肉(歯ぐき)や歯槽骨などの歯周組織が破壊され、ついには歯が抜けてしまう病気です。
以前は歯周病のことを一般に「歯槽膿漏」と呼んでいましたが、歯槽膿漏は歯ぐきから膿みが出る症状のことをいい、歯周病は他にも様々な症状があることから、今では「歯周病」と呼ばれています。

基本的な歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは歯を磨かないでいると、ねばねばくっついてくるものです。これは単に食べかすが溶けたものではなく、70%は細菌の塊です。細菌やその毒素によって歯ぐきに炎症が起き、その結果として出血、膿、腫れなどになります。

歯周病の原因となる細菌は単独の種類ではなく、いくつかの種類が共同で巣をつくっています。巣はネバネバしたタンパク質の膜で覆われています。このタンパク質の膜をバイオフィルムと呼びます。

バイオフィルム

バイオフィルムは特別なものではなく、自然界ではよくみられるものです。排水溝のぬめりも代表的なバイオフィルムです。

歯周病の原因となっているバイオフィルムは、主として歯あるいは根の表面についています。歯ぐきはこのバイオフィルムに面しているために腫れなどの症状を起こします。

歯ぐきの腫れを抑えるような薬は症状を和らげるための治療法でしかなく、原因を取り除くための治療法にはなりません。抗生物質(化膿止め)を用いても、バイオフィルム内には薬が浸透しづらいため、単独の細菌に用いるよりも、100~500倍高い濃度を必要とします。これでは生体のほうに強い副作用が出てしまいます。

バイオフィルム

どのような薬であれ、急性症状で歯ぐきに細菌が入り込んできた場合には一時的に有効ですが、歯周病の原因を取り除く治療には至りません。

歯磨きや歯石取りといった、機械的にバイオフィルムを取り除く方法が、歯周病の原因を取り除く治療法となります。



歯を失うこと 歯周病の怖さ


〒709-0626 岡山県岡山市東区中尾101-1 TEL 086-278-7800
診療時間 AM9:00~PM1:00 PM3:00~PM7:00 休診日 木・日・祝日